読書

【書評】美術家 篠田桃紅さんの『103歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い』

美術家 篠田桃紅(しのだとうこう) 百歳はこの世の治外法権 古代の「人」は一人で立っていた 無駄のある人生は1+1を10にも20にもする 自分の心が決める 美術家 篠田桃紅さんの一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い (幻冬舎文庫)を読んだ。 …

【Amazon Kindle】役に立つ・ためになる本セールやってるよ【50%ポイント還元】

【Amazon Kindle】役に立つ・ためになる本セールやってるよ【50%ポイント還元】 今回私が買った本 【Amazon Kindle】役に立つ・ためになる本セールやってるよ【50%ポイント還元】 Amazon Kindleで気になるセールが始まった。 期間:2018年11月22(木) 00時0…

【書評】『10キロやせて永久キープするダイエット』

10キロやせて永久キープするダイエットを読んだ。 わたしがやせた方法をものすごーく簡単に説明するなら、 1. 自己分析してみた2. 自分に合った方法を見つけた3. そしてそれが習慣となった この3ステップだ。 この本は、万年ぽっちゃり40代ライターの山崎さ…

【書評】為末大さんの『限界の正体』

限界は人間がつくり出した思い込み 限界は壁ではなく「檻」のようなもの 積み重ね 変化する 努力をしていなければ限界を感じない わがままでマイペースでいい 自信があるフリをする 全力を尽くす 関連記事 アマゾンプライムで「サイン・シャネル カール・ラ…

【書評】凹む前に読んでおきたい『凹んだら読む本』

凹みやすい人はどんな人か? 人生を長いスパンで考える 1日3分「いいことだけ」を考える 無理やりでも「笑う」 最近、健康に気を遣うようになり、規則正しい生活を心がけている。 早寝早起きをし、運動時間も増やし、椅子に座っている時間を減らしている。 …

【書評】カープファン必読、新井貴浩の『赤い心』

ついに明後日、下克上を果したソフトバンクとの日本シリーズが始まるカープ。 広島生まれの私は、高校生の頃にカープのファンになり、かれこれ20年以上応援している。 東京でひとり暮らしをしていた頃も、年に1回は神宮に応援に行った。 当時のカープは弱く…

【書評】小林聡美さんの『ていだん』

井上陽水、川上未映子 10年後は生きている? もたいまさこ、片桐はいり やりたくないことをやらないだけです 小野塚秋良/宇多喜代子 集中しないところからは何も生まれない 関連記事 小林聡美さんのていだん (単行本)を読んだ。 内容紹介【鼎談】(ていだん)…

【書評】渡辺有子さんの『衣・食・住 おとなの備え』

40代になると、似合う服や、食べたくなるもの、暮らし方に対する向き合い方など、衣食住すべてにおいて、少しずつ変わってくるものです。〝今"の自分と〝これから"の自分のこと、より素敵な大人になるために備えておきたいことを、センスある着こなしや暮ら…

【書評】読み終わると大掃除をしたくなる『あなたの人生、片づけます』

読書の秋。 いつもより本を読むペースが早くなる。 今日は久しぶりの小説。 ここ何年かはノンフィクションを読むことが多いのだけど、小説もおもしろい。 社内不倫に疲れた30代OL、妻に先立たれた老人、子供に見捨てられた資産家老女、一部屋だけ片づいた部…

涙がちょちょぎれるほど笑った『小林姉妹はあきらめない!』

モテなくても、太り気味でも、非リアでも、小林姉妹はあきらめない!! インスタ女子を爆笑の渦に巻き込み、1ヶ月に平均1.2万人ペースでフォロワー増!太り気味の小林姉妹(こばやしまい)の日常を描いたコミックエッセイ、初の書籍化。 小林姉妹はあきらめない! …

仏像に恋して❤

仏像の中 私が気になった仏像 空也上人像 関連記事 今年の春、東京から遊びに来た友人を連れて宮島を案内したのだけど、そこで見掛けたお地蔵様がとても可愛いかった。 いつか仏像に関する本を読もうと思って以前買っていた仏像に恋してをついに読了。 読了…

【Amazonプライム会員限定】Kindle6周年記念 今会員登録すると3か月で299円キャンペーン【10/25まで】

Kindle Unlimited 今会員登録すると『299円』で3ヶ月利用可能 待ってました Kindle Unlimited 今会員登録すると『299円』で3ヶ月利用可能 Amazonプライム会員限定だけど、Amazon Kindle Unlimitedに会員登録すると『299円』で3ヶ月利用可能です。 キャンペー…

【書評】人間関係で疲れる前に読んでおきたい『自分を休ませる方法』

しんどい気遣いはやめる 期待しない、依存しない ほどほどが一番 主役は自分 自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネスを読んだ。 この手の本は、疲れる前、心と時間に余裕があるときに読んでおくのがベストだ。 だって、疲れ果てた時には…

【書評】野沢直子さんの『笑うお葬式』

野沢直子さんの笑うお葬式を読んだ。 野沢直子さんの父親ほど破天荒で魅力溢れる人物がほかにいるでしょうか。まったく奇抜なアイディアで事業を成功させたり、完全に失敗したりを繰り返し、愛人をあちらこちらに持つ父。しかし家族のことは大切にしていまし…

【書評】健康になりたい人は『世界一シンプルで科学的に証明された食事』がおススメ

どうして日本人は誤った健康常識に振り回されてしまうのか? 医師や栄養士が正しいとは限らない マーケティングの一環 農家の保護 健康に良いかどうか 成分に惑わされない 健康になるための第一歩 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事を読んだ。 …

【書評】図説ゼロからわかる三大宗教の読み方【仏教編】

ブッダは称号 共感する中道の教え 奈良時代の仏教は鎮護国家 前回のイスラム教編からだいぶ時間が空いてしまった。 今回は最後、仏教編で気になったことをまとめてみる。 ブッダは称号 「ブッダ」とは固有名詞ではなく、「めざめた者」「最高の真理を悟った…

【Amazon Kindle】またまた幻冬舎 電本フェスやってるよ【最大70%OFF】

幻冬舎 電本フェス 最大70%OFF おススメの本 今回私が買った本 幻冬舎 電本フェス 最大70%OFF キャンペーンの概要。 対象タイトルが、最大70%OFF!※キャンペーン期間:2018年9月14日 (金) 0時00分~2018年9月27日(木) 23時59分(日本時間) ※2018年8月31日(…

【Amazon Kindle】小学館50%ポイント還元キャンペーンやってるよ

【Amazon Kindle】小学館50%ポイント還元キャンペーン おススメの本 安住さんの「局アナ」 ユダヤ5000年の教え 梅原さんの「勝ち続ける意志力」 今回私が買った本 【Amazon Kindle】小学館50%ポイント還元キャンペーン 連休は読書なんていかがでしょう?…

【書評】図説ゼロからわかる三大宗教の読み方【イスラム教編】

預言者となるムハマンド 世界のイスラム教徒の数 【追記】イスラム教文化と自国の文化が相いれないと思う人の回答結果 同性愛は罪 クルド人問題 イスラム教徒(ムスリム)の生活上の習慣 イスラム教徒にとって大切な「ハラル」 ウイグル問題 www.writetoforg…

【書評】高橋洋一さんの『なぜ日本だけがこの理不尽な世界で勝者になれるのか』

アメリカ 利上げ ビジネスの作法を貫くトランプ 欧州 イギリスEU離脱 トルコ 中国 自国の統計を信じない中国の政治家たち 経済成長息切れ 資本流出歯止めかからず なぜ日本だけがこの理不尽な世界で勝者になれるのかを読んだ。 「よいか、悪いか」「好きか、…

【書評】オードリー若林さんの『社会人大学人見知り学部卒業見込』がおもしろい

性格は形状記憶合金のようなもの 関連記事 没頭する 意味がないからこそ楽しむ 関連記事 完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)を読んだ。 この本はオードリーの若林さんのエッセイなのだけど、かなりおもしろい。 今年読んだ本の中でもベスト3…

【書評】『おひとり様のふたり暮らし』を読んだ

ゆるくて楽しい。女友だちとの同居生活。それぞれのひとり暮らしに煮詰まりすぎていた女ふたりが、勢いで始めたルームシェア。気がつけばお互い不惑を過ぎ、結婚どころか老後のことも気になるように……。とはいえふたりでいると淋しくはないわけで。そんなお…

【書評】『日本人が知らない世界の「お金」の流れ』を読んだ

在日朝鮮人は日本では「国籍を持たない人たち」 アメリカの市民権、永住権を持つ限りどこに住んでもアメリカに納税 ホルムズ海峡大丈夫かね? 超円高は内需にもよくない 日本人が知らない世界の「お金」の流れを読んだ。 今日はこの本を読んで初めて知ったこ…

【書評】『笑福亭鶴瓶論』を読んだ

「オモロイこと」に消化する あこがれられない男 笑福亭鶴瓶論 (新潮新書)を読んだ。 笑福亭鶴瓶というと、私はナイナイのオールナイトニッポンのコーナー「悪い人の夢」が浮かぶ。 「いい人」というイメージの笑福亭鶴瓶には一方で「悪瓶」という異名がある…

【書評】『銀行はこれからどうなるのか』

個人の預金が起点 アマゾンの脅威 銀行はどう対応しているのか? 三菱UFJ銀行 大丈夫? 銀行はこれからどうなるのかを読んだ。 この本は読んで字の如く、銀行の現状について分析し、将来どうなるかを考察した本。 この本を読んでまず思ったこと。 今後銀行は…

【書評】高橋洋一さんの『日本は財政破綻などしていない』

国債を考えるときは「国」を個人でなく企業で考える 日銀の金融緩和対策 日銀が国債を買うと円安になる マスコミ、財務省の財政破綻論 財務省は増税派 意外なところでは銀行や証券会社も 国債は国の借金。 「日本は借金が多くて次の将来世代の負担がとんでも…

【書評】中野信子さんの『努力不要論』を読んだ

努力は人間をダメにする 人間は努力より遊びが必要な生き物 格差を生み出すのはお金ではなく発想力 中野信子さんの努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本を読んだ。 中野さんの著書を読んだのはこれが2冊目。 以前読ん…

【書評】『働かないアリに意義がある』を読んだ

若けりゃ子育て、年を取ったら危険な仕事 余力が大事 働かないアリに意義がある (中経の文庫)を読んだ。 タイトルに惹かれて読んでみたのだけど、アリやミツバチの生態って意外と面白い。 若けりゃ子育て、年を取ったら危険な仕事 アリやハチは若いうちは幼…

【書評】『ニュースのなぜ?は世界史に学べ』がとてもわかりやすい

ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)とニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)を読んだ。 学生の頃はろくに勉強もせず、社会人になってもニュースも新聞も読まず芸能人のゴシップに夢中だっ…

【書評】ポジティブシンキングモンスター、アパホテル元谷社長の『強運 ピンチをチャンスに変える実践法』

夢という言葉では甘すぎる 動いた距離だけ学びがある 些細なことにも感動する 追記 アパホテルの名物社長、元谷さんの強運 ピンチをチャンスに変える実践法を読んだ。 woman-type.jp 日経新聞の一面に「私が社長です」ってドーンと出てね。そうしたらもう、…