【2018年】旅の準備<ドバイ観光(エティサラットSIMカード購入)編>

f:id:forgetblog:20180312185651j:plain

ドバイ旅行では、現地のキャリアのSIMカードを契約してデータ通信する予定。

私の英語力とITの知識は頼りないので、前もってやることを調べてみた。

(私のスマホはSIMフリーのiPhone7)

エティサラットを利用

www.writetoforget.com

ドバイではエティサラットを利用する予定。

Etisalat UAE | Etisalat Consumer

エティサラットはドバイ国際空港やドバイモールの中にあるので、観光客も利用しやすい。

ちなみにドバイ国際空港は、ターミナル3の税関を出て左側、ターミナル1にある。

空港で買うと余分に20ディルハム(600円くらい)かかるらしいが、ネットで調べると余分な費用はかからなかったという人もいた。

ドバイモールは1階(グランドフロア)にあるが、混むと1時間待ちもあるので、空いている午前か夜遅くがおススメだそう。

ドバイモールは10時オープン。

空港は24時間だろうか?

(エティサラットのHPを調べたけどよくわからなかったので、現地に行って確かめるしかない)

事前に準備すること

  • iPhoneの表示を英語にしておく
  • 契約するプランのSIMカードの画像を用意しておく
iPhoneの表示を英語にしておく

ネットで調べると、エティサラットのカウンターは英語対応。

働いている人は現地の人、海外から来ている労働者の人。

そして設定までやってくれるのは、海外から来ている労働者の人の方が可能性が高いそう。

私はできれば設定までやってもらいたいので、念のためiPhoneの表示は英語設定にしておく。

【iPhoneの設定】

「設定」→「一般」→「言語と地域」→「iPhoneの使用言語」→「English英語」

契約するプランのSIMカードの画像を用意

カウンターでは、

「I'm looking for a prepaid sim card.」と言って画像を出せば、私の英語が通じなくてもなんとかなると思う。

「visitor line pack」とか「1GB」と言えば通じるかもしれないけど、画像があればすぐわかってもらえると思うので、エティサラットのVisitor LineのページをEvernoteに保存した。 

購入にはパスポートが必要

購入するにはパスポートが必要で、クレジットカードの支払いもできる。

書類にサインをしてSIMカードをもらう。

設定

店員さんが設定してくれない場合のことを想定して、やり方をまとめておく。

iPhoneのアクティベート

「アクティベートする」とは、iPhoneを使える状態にすること。

iPhoneはSIMカードが挿入されていないと使うことができない。

  1. iPhoneの電源を落とす
  2. (日本で利用していた)SIMカードを取り出す
  3. エティサラットのSIMカードを挿入する
  4. iPhoneの電源を入れる
  5. アクティベート開始

f:id:forgetblog:20180312195542p:plain

(引用iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える - Apple サポート

データプランの契約

ollie-style.com

こちらの記事を読むと、データプランの契約をSMS(ショートメッセージ)でやらずに電話でやることを勧めている。

  1. 「*170#」を入れて通話ボタンを押す
  2. 英語でデータプランが表示される。「one time packs」の数字を押す
  3. 利用期間が表示されるので「one week packs」の数字を押す
  4. データ容量と金額が表示されるので「1GB」の数字を押す
  5. 全て選択してOKなら「1 subscribe」を押して「返信」を押す

うまくいったらエティサラットから「completed successfully」のSMSが届く。

アクティベートが終わってデータプランが有効になるまで30分から1時間かかるとあるけど、上記の記事を読むと実際は長くて10分だそう。

ちなみにデータ契約残量が20%、10%になったらSMSでお知らせがくるそう。