椎名林檎の『鶏と蛇と豚』のPVがセンス良すぎる

椎名林檎 - 鶏と蛇と豚 いや、かっこよすぎ、このPV。 この世界観、夜の東京、全てドンピシャでハマる。 まるで映画を観ているようで、早くFullヴァージョンが観たい。 京極堂シリーズや帝都大戦みたいな感じ。(勝手な印象だけど) 映画 『 姑獲鳥の夏』 Te…

平成の終わり

今日で平成も終わり。 明日から元号『令和』の時代の幕開け。 テレビは特番が組まれ、野球を観ていても、「平成最後のホーム試合」などと、なにかにつけて「平成最後」と盛り上がっている。 私が平成が終わることで思うことは、ただ一つ。 天皇陛下と皇后様…

【おススメ!】弱いメンタルに劇的に効くアスリートの言葉ーースポーツメンタルコーチが教える逆境の乗り越え

弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉――スポーツメンタルコーチが教える“逆境”の乗り越え方を読んだ。 この本がとても良かった。 結果を受け止めるのにふさわしい心の器 「負」に対する捉え方 弱みは強み 自分に忠実に生きる 結果を受け止めるのにふさ…

【書評】与沢翼さんの『ブチ抜く力』

ブチ抜いた存在 成功したいなら人の意見は聞かない 死ぬ事以外リスクじゃない 2014年に、経営していた会社を法人税滞納で解散させた私は、文字通り無一文になり、日本を去って公の場から姿を消しました。かつて「ネオヒルズ族」「秒速で1億円稼ぐ男」などと…

【書評】メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルが強い人がやめた13の習慣 メンタルの力にまつわる8つの真実 一度の失敗でくじける習慣をやめる すぐに結果を求める習慣をやめる 忍耐力ゼロのハイペース社会 長期的かつ現実的な期待 マイペースでいく 節目にお祝いする メンタルが強い人がやめた13…

【書評】何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書

なぜ調子が悪い日があるのか? フラットな状態に戻す 大人になると自己肯定感が低くなる、その理由は? どうやって抜け出す? 思ったようにはいかない 選択肢は少なくする レファレント・パーソン たまには生活に刺激を 何があっても「大丈夫。」と思えるよ…

【書評】サブカル・スーパースター鬱伝

ほどほどに運動 サブカルのアイデンティティ 仕事がつまらない 人は弱るとアイドルにハマる? 関連記事 吉田豪さんのサブカル・スーパースター鬱伝 (徳間文庫カレッジ)を読んだ。 「サブカルな文系な有名人はだいたい40歳前後で一度、精神的に壊れがち」とい…

【書評】ダイエット依存症

やせさえすれば 時代の空気 自分は他人から受け入れられる人間 コントロール感覚 自己肯定感 罪悪感は百害あって一利なし 愛しい身体 関連記事 自己肯定感について。ダイエットで結果でないとイライラしている人達や、どうしても食べてしまう自分に失望した…

【書評】「がん」はなぜできるのか そのメカニズムからゲノム医療まで

私が子供の頃は「がん」は不治の病で怖いイメージだった。 最近では研究も進み、治らない病気ではないのは知っているが、具体的に「がん」が何かと聞かれると実際のところはよくわからない。 ということで今回は、「がん」はなぜできるのか そのメカニズムか…

【書評】新庄剛志さんの『わいたこら』

真っ白な歯と日に焼けた肌に『わいたこら』の文字。 この表紙インパクトあるよな~。 『わいたこら』の意味はわからないけど、新庄剛志という人に興味があったので読むことにした。 これ、『わいたこら』というタイトルでなければ買わなかったかもしれない。…

ひろゆき氏の『お金が欲しいの無限ループから抜け出す方法』のインタビューがおもしろい

r25.jp ひろゆき氏のインタビューがおもしろい。 『無敵の思考』を読んだときも思ったけど、私の「お金」と「時間」に対する価値観はひろゆき氏のそれと近い。 www.writetoforget.com ちゃんと寝ることのほうが大事 お金に偏り過ぎない 何が楽しいのか突き詰…

2019年が明けたので今年の「やること」「やりたいこと」を書いておく

本日重い腰を上げて2018年分のブログの収益と費用の締め作業を終えた。 そんなに大した収益と費用があるわけではないので、2-3時間集中して会計ソフト(無料のクラウド)に入力すれば終わるのに、なかなかやる気が出なくて今日になってしまった。 今日のブロ…

【2018年】今年を振り返って

平成最後の大晦日。 自分の人生の中で平成が一番長かったので何かと感慨深い。 今年最後のブログは2018年の自分を振り返る。 海外ひとり旅 西日本豪雨災害 食生活の改善 登山 海外ひとり旅 www.writetoforget.com www.writetoforget.com 4月はドバイとサンフ…

【2018年】今年読まれた人気記事ベスト5

早いもので2018年も残すところ2日。 今日は今年読まれた人気記事ベスト5! 5位 【映画】「人生フルーツ」、その後の話 4位 【語彙量を増やす】「語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング」が役に立つ! 3位 樹木希林さんの日本アカデミー賞事件を振り返っ…

【2018年】今年読んだおすすめの本

今年も残すところあと3日。 今日は今年読んでおもしろかったおすすめの本をご紹介。 (漫画も含む) ①水木しげるさん『猫楠 南方熊楠の生涯』 ②梅原大吾さん『勝ち続ける意志力』 ③植松努さん『好奇心を天職に変える空想教室』 ④養老さん・名越さん『他人の…

ピースワンコジャパンの寄付くれおねだりがちょっと過ぎてる件

3年前からふるさと納税を利用しているのだけど、その中の一つがピースワンコ・ジャパン。 www.dailyshincho.jp 9月にピースワンコ・ジャパンの悲惨な実態を告白した獣医師の記事が出た。 その時は「新潮の記事だし、どこまで本当かわからない」と流した。 そ…

【書評】中野信子さんの『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』

オキシトシンとは 安らぎと癒し 人との結びつきを担当する物質 愛が憎しみに変わるとき 嫉妬と妬み 悪性妬みと良性妬み ヒトの脳は誰かを裁きたくなるようにできている サンクションが起こりやすいとき 同調圧力 脳はいつでも楽をしたい 生き延びてきたDNA …

【書評】『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』

好み 「みほさま」「エリコ過多」 関連記事 www.writetoforget.com 以前『おひとり様のふたり暮らし』を読んだことがあるのだけど、私はどうも女性のふたり暮らしに興味があるようで、今回は阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らしを読んでみた。 阿佐ヶ谷姉妹…

【はてなブログ】HTTPS配信に変更してみた

HTTPS化って何? HTTPS化にむけての準備 バックアップをとる HTTPS配信を有効にする HTTPS有効後にやること HTTPとHTTPSの混在を解消する Upgrade Insecure Requestsを指定する Google Analyticsの設定 Google Search Consoleの設定 意外と大変 参考にさせて…

【書評】橋田壽賀子さんの『安楽死で死なせて下さい』

生きることに未練なし 日本尊厳死協会 死に方について考えることは生き方について考え直すこと 生きている間はちゃんと生きたい 関連記事 父が早くに亡くなったこと、自分が40歳を迎えたことで、自分の最期を考えるようになった。 早いと思う方もいらっしゃ…

【書評】美術家 篠田桃紅さんの『103歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い』

美術家 篠田桃紅(しのだとうこう) 百歳はこの世の治外法権 古代の「人」は一人で立っていた 無駄のある人生は1+1を10にも20にもする 自分の心が決める 美術家 篠田桃紅さんの一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い (幻冬舎文庫)を読んだ。 …

【Amazon Kindle】役に立つ・ためになる本セールやってるよ【50%ポイント還元】

【Amazon Kindle】役に立つ・ためになる本セールやってるよ【50%ポイント還元】 今回私が買った本 【Amazon Kindle】役に立つ・ためになる本セールやってるよ【50%ポイント還元】 Amazon Kindleで気になるセールが始まった。 期間:2018年11月22(木) 00時0…

【書評】『10キロやせて永久キープするダイエット』

10キロやせて永久キープするダイエットを読んだ。 わたしがやせた方法をものすごーく簡単に説明するなら、 1. 自己分析してみた2. 自分に合った方法を見つけた3. そしてそれが習慣となった この3ステップだ。 この本は、万年ぽっちゃり40代ライターの山崎さ…

【Netflix】The Final Tableファイナル・テーブル(世界の料理でシェフが対決)が面白い【おススメ】

予算半端ないんじゃない? 英語の勉強になるんじゃない? 関連記事 私のおススメはASHとALEXのコンビ カナダのDARRENもお見逃しなく! The Final Table | Official Trailer [HD] | Netflix Netflixで最近始まったファイナル・テーブルがかなり面白い。 この…

【映画】帰ってきたヒトラー

アマゾンプライムで帰ってきたヒトラー(字幕版)を観た。 歴史上<絶対悪>であるヒトラーが現代に甦り、モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターになるという大胆不敵な小説が2012年にドイツで発売。絶賛と非難の爆風をくぐり抜け、…

【書評】為末大さんの『限界の正体』

限界は人間がつくり出した思い込み 限界は壁ではなく「檻」のようなもの 積み重ね 変化する 努力をしていなければ限界を感じない わがままでマイペースでいい 自信があるフリをする 全力を尽くす 関連記事 アマゾンプライムで「サイン・シャネル カール・ラ…

【2018年11月】宮島・弥山登山(大聖院コース)

懲りずに弥山登山に再チャレンジ 今回は大聖院コース 念願の焼がきのはやしへ やっぱり好き!お地蔵様 懲りずに弥山登山に再チャレンジ www.writetoforget.com 5月に東京の友人を連れて案内した宮島で、弥山に登った。 日頃の運動不足がたたり、何とか山頂に…

【書評】凹む前に読んでおきたい『凹んだら読む本』

凹みやすい人はどんな人か? 人生を長いスパンで考える 1日3分「いいことだけ」を考える 無理やりでも「笑う」 最近、健康に気を遣うようになり、規則正しい生活を心がけている。 早寝早起きをし、運動時間も増やし、椅子に座っている時間を減らしている。 …

【書評】カープファン必読、新井貴浩の『赤い心』

ついに明後日、下克上を果したソフトバンクとの日本シリーズが始まるカープ。 広島生まれの私は、高校生の頃にカープのファンになり、かれこれ20年以上応援している。 東京でひとり暮らしをしていた頃も、年に1回は神宮に応援に行った。 当時のカープは弱く…

【書評】小林聡美さんの『ていだん』

井上陽水、川上未映子 10年後は生きている? もたいまさこ、片桐はいり やりたくないことをやらないだけです 小野塚秋良/宇多喜代子 集中しないところからは何も生まれない 関連記事 小林聡美さんのていだん (単行本)を読んだ。 内容紹介【鼎談】(ていだん)…